まつりパンライフ

家で焼いたパンと読んだ本の備忘録、愛用のキッチングッズの紹介をしています

気ままに更新しています。 書評ではなく、備忘録に近い感じでしょうか。 同じ本を2冊買ってしまったことがあったので…。 個人的に印象深かったもの、面白かったものを記事にしています。 暇つぶし、くらいの感じで眺めてもらえれば嬉しいです。

湊かなえ「贖罪」のあらすじと感想

湊かなえ「贖罪」について 湊かなえ「贖罪」のあらすじ 湊かなえ「贖罪」の感想 その他 最近のあれこれ 湊かなえ「贖罪」について 湊かなえ著「贖罪」は、2012年6月に双葉文庫から発売された小説。 全316ページ。 文庫本は2009年6月、東京創元…

篠田節子「ブラックボックス」のあらすじと感想

篠田節子「ブラックボックス」の登場人物 篠田節子「ブラックボックス」のあらすじ 篠田節子「ブラックボックス」の感想 まとめ 篠田節子「ブラックボックス」の登場人物 久々の更新になってしまいました。 あまりにも暑くて、生きているのがやっと。 朝の4…

江國香織「ひとりでカラカサさしてゆく」のあらすじと感想

江國香織「ひとりでカラカサさしてゆく」の登場人物 江國香織「ひとりでカラカサさしてゆく」のあらすじ 江國香織「ひとりでカラカサさしてゆく」の感想 最後に 江國香織「ひとりでカラカサさしてゆく」の登場人物 江國香織「ひとりでカラカサさしてゆく」は…

桐野夏生「燕は戻ってこない」のあらすじと感想

桐野夏生「燕は戻ってこない」の登場人物 桐野夏生「燕は戻ってこない」のあらすじ 桐野夏生「燕は戻ってこない」の感想 まとめ 桐野夏生「燕は戻ってこない」の登場人物 桐野夏生著「燕は戻ってこない」は、2022年3月に集英社から発売された小説。 初…

東野圭吾「沈黙のパレード」のあらすじと感想

東野圭吾「沈黙のパレード」の登場人物 東野圭吾「沈黙のパレード」のあらすじ 東野圭吾「沈黙のパレード」の感想 まとめ 東野圭吾「沈黙のパレード」の登場人物 東野圭吾著「沈黙のパレード」は、2018年10月に文藝春秋から発売されたミステリー小説。…

篠田節子「純愛小説」のあらすじと感想

篠田節子「純愛小説」について 篠田節子「純愛小説」のあらすじと感想 純愛小説 鞍馬 知恵熱 蜂蜜色の女神 まとめ 篠田節子「純愛小説」について 篠田節子著「純愛小説」は、2011年1月に角川文庫から発売された短編集。 全268ページ。 巻末の解説は…

角田光代「タラント」のあらすじと感想

角田光代「タラント」の登場人物 角田光代「タラント」のあらすじ 角田光代「タラント」の感想 まとめ 角田光代「タラント」の登場人物 角田光代著「タラント」は、2022年2月に中央公論新社から発売された長篇小説。 2020年7月~2021年7月ま…

吉田修一「ミス・サンシャイン」のあらすじと感想

吉田修一「ミス・サンシャイン」の登場人物 吉田修一「ミス・サンシャイン」のあらすじ 吉田修一「ミス・サンシャイン」の感想 最後に 吉田修一「ミス・サンシャイン」の登場人物 吉田修一著「ミス・サンシャイン」は、2022年1月に文藝春秋から発売され…

桐野夏生「バラカ」のあらすじと感想

桐野夏生「バラカ」の登場人物 桐野夏生「バラカ」のあらすじ 桐野夏生「バラカ」の感想 最後に 桐野夏生「バラカ」の登場人物 桐野夏生著「バラカ」は、2016年2月に集英社から発売された長編小説。 全650ページ。 初出は「小説すばる」2011年8…

篠田節子「美神解体」のあらすじと感想

篠田節子「美神解体」の登場人物 篠田節子「美神解体」のあらすじ 篠田節子「美神解体」の感想 まとめ 篠田節子「美神解体」の登場人物 篠田節子著「美神解体」は、1995年8月に角川ホラー文庫から発売された小説。 全227ページ。 巻末の解説は三橋暁…

篠田節子「贋作師」のあらすじと感想

篠田節子「贋作師」の登場人物 篠田節子「贋作師」のあらすじ 篠田節子「贋作師」の感想 まとめ 篠田節子「贋作師」の登場人物 篠田節子著「贋作師」は、1996年1月に講談社文庫から発売された小説。 全360ページ。 ※講談社ノベルスとして1991年…

篠田節子「女たちのジハード」のあらすじと感想

篠田節子「女たちのジハード」の登場人物 篠田節子「女たちのジハード」のあらすじ 篠田節子「女たちのジハード」の感想 まとめ 篠田節子「女たちのジハード」の登場人物 篠田節子著「女たちのジハード」は、2000年1月に集英社文庫から発売された小説。…

乃南アサ「軀 KARADA」のあらすじと感想

乃南アサ「軀 KARADA」について 乃南アサ「軀 KARADA」のあらすじと感想 臍(へそ) 血流 つむじ 尻 顎 まとめ 乃南アサ「軀 KARADA」について 乃南アサ著「軀 KARADA」は、2021年12月に文春文庫から発売された短編集。 全2…

篠田節子「インドクリスタル」のあらすじと感想

篠田節子「インドクリスタル」の登場人物 篠田節子「インドクリスタル」のあらすじ 篠田節子「インドクリスタル」の感想 まとめ 篠田節子「インドクリスタル」の登場人物 篠田節子著「インドクリスタル」は、2014年12月に角川書店から発売された長編小…

桐野夏生「夜の谷を行く」のあらすじと感想

桐野夏生「夜の谷を行く」の登場人物 桐野夏生「夜の谷を行く」のあらすじ 桐野夏生「夜の谷を行く」の感想 最後に 桐野夏生「夜の谷を行く」の登場人物 桐野夏生著「夜の谷を行く」は、2020年3月に文春文庫から発売された小説。 全326ページ。 単行…

有栖川有栖「捜査線上の夕映え」のあらすじと感想

有栖川有栖「捜査線上の夕映え」の登場人物 有栖川有栖「捜査線上の夕映え」のあらすじ 有栖川有栖「捜査線上の夕映え」の感想 最後に 有栖川有栖「捜査線上の夕映え」の登場人物 有栖川有栖著「捜査線上の夕映え」は、2022年1月に文藝春秋から発売され…

伊坂幸太郎「クジラアタマの王様」のあらすじと感想

伊坂幸太郎「クジラアタマの王様」の登場人物 伊坂幸太郎「クジラアタマの王様」のあらすじ 伊坂幸太郎「クジラアタマの王様」の感想 まとめ 伊坂幸太郎「クジラアタマの王様」の登場人物 伊坂幸太郎著「クジラアタマの王様」は、2019年7月にNHK出版…

小池真理子「月夜の森の梟(ふくろう)」を読んだ話

小池真理子「月夜の森の梟(ふくろう)」について 小池真理子「月夜の森の梟」を読んで 最後に 小池真理子「月夜の森の梟(ふくろう)」について 小池真理子著「月夜の森の梟(ふくろう)」は、2021年11月に朝日新聞出版から発売された本。 「朝日新聞…

東野圭吾「白鳥とコウモリ」のあらすじと感想

東野圭吾「白鳥とコウモリ」の登場人物 東野圭吾「白鳥とコウモリ」のあらすじ 東野圭吾「白鳥とコウモリ」の感想 まとめ 東野圭吾「白鳥とコウモリ」の登場人物 東野圭吾著「白鳥とコウモリ」は、2021年4月に幻冬舎から発売された長編のミステリー小説…

伊坂幸太郎「ペッパーズ・ゴースト」のあらすじと感想

伊坂幸太郎「ペッパーズ・ゴースト」の登場人物 伊坂幸太郎「ペッパーズ・ゴースト」のあらすじ 伊坂幸太郎「ペッパーズ・ゴースト」の感想 まとめ 伊坂幸太郎「ペッパーズ・ゴースト」の登場人物 伊坂幸太郎著「ペッパーズ・ゴースト」は、2021年10月…

宮部みゆき「鳩笛草/燔祭/朽ちてゆくまで」のあらすじと感想

宮部みゆき「鳩笛草/燔祭/朽ちてゆくまで」について 「鳩笛草/燔祭/朽ちてゆくまで」のあらすじと感想 朽ちてゆくまで 燔祭 鳩笛草 まとめ 宮部みゆき「鳩笛草/燔祭/朽ちてゆくまで」について 宮部みゆき著「鳩笛草/燔祭/朽ちてゆくまで」は、2000年4月…

東野圭吾「透明な螺旋」のあらすじと感想

東野圭吾「透明な螺旋」の登場人物 東野圭吾「透明な螺旋」のあらすじ 東野圭吾「透明な螺旋」の感想 最後に 東野圭吾「透明な螺旋」の登場人物 東野圭吾著「透明な螺旋」は、2021年9月に文芸春秋から発売されたミステリー小説。 書き下ろし作品です。…

林真理子「みずうみの妻たち」のあらすじと感想

林真理子「みずうみの妻たち」の登場人物 林真理子「みずうみの妻たち」のあらすじ 林真理子「みずうみの妻たち」の感想 まとめ 林真理子「みずうみの妻たち」の登場人物 林真理子著「みずうみの妻たち」(上下巻)は、2018年9月に角川文庫から発売され…

伊坂幸太郎「ガソリン生活」のあらすじと感想

伊坂幸太郎「ガソリン生活」の登場人物 伊坂幸太郎「ガソリン生活」のあらすじ 伊坂幸太郎「ガソリン生活」の感想 最後に 伊坂幸太郎「ガソリン生活」の登場人物 伊坂幸太郎著「ガソリン生活」は、2013年3月に朝日新聞出版から発売された小説。 全41…

朝井まかて「類」のあらすじと感想

朝井まかて「類」の登場人物 朝井まかて「類」のあらすじ 朝井まかて「類」の感想 最後に 朝井まかて「類」の登場人物 朝井まかて著「類」は、2020年8月に集英社から発売された小説。 全494ページ。 初出は「小説すばる」。 この本を読んでみようと…

篠田節子「失われた岬」のあらすじと感想

篠田節子「失われた岬」の登場人物 篠田節子「失われた岬」のあらすじ 篠田節子「失われた岬」の感想 最後に 篠田節子「失われた岬」の登場人物 篠田節子著「失われた岬」は、2021年10月に角川書店から発売された小説。 初出は「本の旅人」2018年…

伊坂幸太郎「サブマリン」のあらすじと感想

伊坂幸太郎「サブマリン」の登場人物 伊坂幸太郎「サブマリン」のあらすじ 伊坂幸太郎「サブマリン」の感想 最後に 伊坂幸太郎「サブマリン」の登場人物 伊坂幸太郎著「サブマリン」は、2016年3月に講談社から発売された小説。 全267ページの書き下…

伊坂幸太郎「ホワイトラビット」のあらすじと感想

伊坂幸太郎「ホワイトラビット」の登場人物 伊坂幸太郎「ホワイトラビット」のあらすじ 伊坂幸太郎「ホワイトラビット」の感想 最後に 伊坂幸太郎「ホワイトラビット」の登場人物 伊坂幸太郎著「ホワイトラビット」は、2017年9月に新潮社から発売された…

道尾秀介「雷神」のあらすじと感想

道尾秀介「雷神」の登場人物 道尾秀介「雷神」のあらすじ 道尾秀介「雷神」の感想 最後に 道尾秀介「雷神」の登場人物 道尾秀介著「雷神」は、2021年5月に新潮社から発売されたミステリー小説。 初出は「週刊新潮」。 全382ページ。 この本、一気読…

伊坂幸太郎「首折り男のための協奏曲」のあらすじと感想

伊坂幸太郎「首折り男のための協奏曲」について 伊坂幸太郎「首折り男のための協奏曲」のあらすじと感想 首折り男の周辺 濡れ衣の話 僕の船 人間らしく 月曜日から逃げろ 相談役の話 合コンの話 まとめ 伊坂幸太郎「首折り男のための協奏曲」について 伊坂幸…